2018年 7月 17日 (火)

冬のボーナス13%減へ 過去最大の下げ幅

印刷

   民間調査機関の労務行政研究所は東証第1部上場企業218社を対象に、2009年冬のボーナスを調査し、10月6日に発表した。全産業平均では、対前年同期比13.1%減の65 万9864 円で、02 年以来7年ぶりの対前年実績ダウンで、1970 年の調査開始以来最大の下げ幅となる。製造業は16.1%減の66万3906円と大きく下がったほか、すべての産業で対前年同期比がマイナスとなっており、これは「調査開始以来、初めてのこと」だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中