鳩山氏献金問題、匿名献金も虚偽記載

印刷

   鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」が収支報告書に虚偽の記載をしていた問題で、会計担当だった元公設第1秘書=解任=が、首相側の内部調査に対して、寄付者を記載する必要がない5万円以下の献金についても、「首相の個人資産をあてた」などと虚偽記載を認める趣旨の発言をしていることが明らかになった。各紙が2009年10月8日に報じたもので、今後、東京地検特捜部は捜査を進めていくものとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中