返済猶予法案、亀井金融担当相が了承

印刷

   中小企業の債務の返済を猶予することを柱とする「貸し渋り・貸し剥がし対策法」(仮称)の原案を策定していた金融庁の検討チームは2009年10月9日、亀井静香郵政・金融担当相に法案の骨格・考え方について報告し、了承された。同法案は、最長3年間の返済猶予を認め、元本だけでなく金利も対象とするなどして、中小企業の救済をめざすものだが、負担を強いられる金融機関からは反発する声も強い。

   検討チームを率いる大塚耕平内務副大臣(金融担当)は同日、「今後は、関係省庁との調整に入るとともに、与党プロセス(政策会議、閣僚委員会、閣議等)の段階に入り、最終的な成案を目指す」とのコメントを発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中