2018年 7月 18日 (水)

日本の真夏日、今世紀末に倍増 環境省など予測

印刷

   地球温暖化が今のペースで進行すると、今世紀末には日本の真夏日(最高気温30度以上)は、20世紀末と比べ、最大で約2倍の78日となる。こんな報告書を環境省、文部科学省、気象庁が共同で、2009年10月9日に発表した。また、熱帯夜(最低気温25度以上)は、20世紀末の17日から最大で57日となると試算された。

   報告書は、「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が想定した3パターンのシナリオに基づき予測。それによると、今世紀末の日本の平均気温は、20世紀末から2.1~4.0度上昇するとされ、世界平均を0.3~0.6度上回る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中