鳩山首相、赤字国債発行を一転して容認

印刷

   鳩山由紀夫首相は2009年10月14日、不況による税収減下ではやむを得ないとして、2010年度予算での赤字国債発行を認める考えを初めて明らかにした。

   この日、鳩山首相が記者団に対し、「本来発行すべきではないが、税収の落ち込みを勘案しながら考える必要がある」と明言したものだ。衆院選前には、国債について「増やしたら国家が持たない」と述べていたが、その方針を早くも転換することになった。これで、一般会計総額が過去最大の90兆円台に膨らむ可能性が出てきた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中