2020年 8月 11日 (火)

さかなクン、陛下と気が合った?? 魚類学会での遭遇が話題

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   ハコフグの帽子で知られる魚大好きタレントのさかなクン(34)。日本魚類学会で天皇陛下と遭遇し、テレビで目を輝かせた姿が映って話題になっている。そのせいで、過去に人気を集めたコラムも、再び脚光を集めているようだ。

   東京海洋大学の講義室に、天皇陛下はにこやかな表情で入ってきた。すると、アップで映し出されたのが、さかなクン。なんと、ネクタイにスーツ姿で席に座っている。トレードマークの帽子はしていたが、いつもの白衣姿ではなかった。そして、目を輝かせながら、陛下の入ってくる方向に顔を向けた…。

さかなクンの帽子は、「皮膚の一部」

反響を呼んでいるコラム
反響を呼んでいるコラム

   これは、フジテレビ系のニュースで流れた2009年10月11日の魚類学会年会のシーンだ。陛下は、ハゼの研究者として知られ、この日は、学会の会員として3年ぶりに出席された。一方、さかなクンは、09年から新学会員となり、初めての出席だった。

   同じく魚類に通じたさかなクンと陛下との遭遇は、ネットユーザーにも新鮮な驚きを与えたらしい。気が合いそうなことを表すためか、ニュースの画像をコラージュして、陛下がハコフグの帽子を被っているように見せかけた合成写真まで2ちゃんねるにアップされた。これは、まとめブログに貼り付けられ、はてなブックマークが200ほども付く注目を集めている。

   また、2ちゃんでは、さかなクンが帽子を被ったままだったことも話題に。「陛下の前では帽子取れよいくら何でも」との声もあったものの、「それ帽子じゃなくてさかなクン本体w」「ここまでくると清々しいなwww」「ちゃんと正装した付属品に取り替えてんじゃん」と理解する向きもあった。

   東京海洋大学の広報担当者は、さかなクンの帽子について、「難しいところですね」。そのうえで、「『皮膚の一部』と公言していますので、やはり取らなかったんだと思います。ネクタイ、スーツ姿はあまりないことで、精一杯礼儀を尽くそうとしたのでしょう」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中