2018年 8月 22日 (水)

ANAとの提携カード
これを「入口」にすそ野広げていく
AMEX中島好美副社長に聞く

印刷

   一人で何枚もカードを所持していることはもう珍しくない。しかも、世界的な景気悪化の影響で、消費が冷え込んでいる。そうした中で、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル(AMEX)と全日本空輸(ANA)が提携カードを発行する。カードと航空の巨人同士の提携。日本の業界を揺さぶる出来事だったのは間違いない。今回の狙いは何か、日本で今後どんな戦略を展開していくのか。AMEXの中島好美副社長に聞いた。

――今回、ANAと提携しました。まず、その狙いを。

中島 今はまず、AMEXを知ってもらうこと、使ってもらうことが大事なんです。ANAとの提携カードはそのための強いツールになります。
   年会費は一般カードで5250円。当社が発行しているカードの中では一番安くなっていて、AMEXの「入口」の商品と位置付けています。そこから、だんだんカード会員のすそ野を広げていく。その第1弾がANAとの提携カードといえます。
   一般の方にはわかりづらいのですが、提携カードではどこが発行会社であるかによって、カードの個性が現れます。今回のANAアメリカン・エキスプレス提携カードは当社が発行会社になっています。カード会員は海外も含め、AMEXが有するネットワークや、AMEXが提供するさまざまなサービスを受けることができます。発行会社としてこれほどの規模の提携カードは、実質的に日本では初めてです。今回の提携の重要性がここにも表れています。

 ANAの利用客にとって「最強カード」

中島副社長は「もっとAMEXのことを知ってほしい」という
中島副社長は「もっとAMEXのことを知ってほしい」という

――カードの特徴を教えてください。

中島 ANAの利用客にとって「最強のカード」になります。100円で1ポイントが貯まり、ANAアメリカン・エキスプレス提携カードで貯まったポイントは1000ポイント(=1000マイル)単位でANAマイレージクラブのマイルに移行でき、これでANAの特典航空券やアップグレード特典などに交換できます。ANA航空券の購入などで利用すると、ANAアメリカン・エキスプレス提携カードで通常の1.5倍(100円=1.5ポイント)、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の場合は通常の2倍(100円=2ポイント)のポイントが貯まります。入会時のボーナスポイントのほかに、マイレージプレゼントを貯めていけば、国内旅行の往復航空券くらいのポイントはすぐに貯まるでしょう。また、急な出張などで旅行をキャンセルした場合の損害を補償する「キャンセル・プロテクション」(年間上限10万円)といった、AMEXならではの付帯サービスもゴールドなら使えます。

―― AMEXは今後日本でどんな戦略を展開していくのですか。

中島 いま日本人のクレジットカードの平均保有枚数は、一人あたり3枚程度といわれています。しかしながらカードの利用率は、米国に比べるとかなり少ない。日本はまだまだ現金社会です。クレジットカードの利用を高めていくことは十分可能だと思っています。
   当社は日本では「プレミアム・セグメント」という戦略を敷いています。経済的にも安定し、年会費に見合ったサービスに価値を見いだす方々を対象にする、といった意味です。従って、必ずしもAMEXカードは、利用者が使う最初のカードではないのかもしれません。年会費を払い、納得していただいてご利用いただく中で、AMEXの価値を認識していただく。そして良さを分かっていただく。そんなカードです。
   一人あたり3枚程度のクレジットカードでも、どの買い物に、どのカードを使って、どこに何ポイント貯まっているのか、忘れてしまう。そして、ポイントが失効する。そんな経験が結構あるはずです。いちいち気を遣いながら使うよりも、1枚のカードに集中して賢く使う。そんな使い方をAMEXは提案しています。
これまでAMEXカードはどちらかというと高級カードと見られ、高額な商品を買う人向けのカードと見られていましたが、現在は利便性に富んだカードです。加盟店では、2001年からジェーシービーと提携していますので、カードが使えるお店も増えています。おおげさに言うと、1円から使ってください、という感じですね。今、「いっぱいのコーヒーからでも使ってください」というキャンペーンを推進しています。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中