2019年 1月 23日 (水)

西川社長の「出ていけ」記者会見 カメラマンのマナーに問題ないのか

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本郵政の西川善文社長の辞任会見が議論を呼んでいる。新聞・テレビは、「カメラは出てけ!」「プッツン会見」「『詰め腹』会見でカメラに激高」などと西川氏を批判した。ところが、真相はそう単純なものではなかった。西川氏や広報が何度も「カメラのシャッター音がうるさくて話せない」としたのにもかかわらず、カメラマン側はそれを無視して撮影を続けたからだ。ネットでは「カメラマンが悪い」といった声も挙がっている。

   郵政社長の西川氏は2009年10月20日、東京・霞ヶ関の日本郵政本社で、18時半から辞任会見を開いた。社長就任からこれまでの4年間を振り返るとともに、「かんぽの宿」問題に関しても「反省すべき点はあったが、不正な点は一切なかった」などと語った。

広報が制止してもシャッター音が止まず

   会見の中で、注目を集めたのが、カメラのシャッターに対して激怒する西川氏の姿だ。まず、会場に西川氏が登場して着席。すぐさま大量のフラッシュがたかれ、会場はシャッター音で一杯になった。これに対し西川氏は

「音がうるさくて話せないから。もう写真いいじゃないですか」

とカメラマンを制止。日本郵政の広報も止めようとしたが、それでもシャッター音は鳴り止まない。西川氏は「(会見)もうやめようか」と席を立とうとするしぐさを見せ、広報に対しても「しっかり君、コントロールしろよ」と叱責している。広報が「カメラストップしてください。ご協力お願いします」と再度制止し、やっと西川氏が話し始めた。

   だが、その後もシャッターは止まず、今度はついに「ちょっともう止めてくださいよ。出てってくださいよ、カメラ」と激怒。「こんな近くでガチャガチャやられたら頭の悪い私が混乱しますよ」と話し、一時会見が中断した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中