2022年 6月 28日 (火)

外車、高級車のレンタカー好調 「GT-R」「フェラーリ」「ポルシェ」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   不景気で高額品の消費が伸び悩むなか、外車や高級車のレンタカーが好調だ。レンタル料は国産コンパクトカーの5ー6倍もするが、マイカーを手放し、「必要な時だけ」という人や、「買えないけれど乗ってみたい」という人にうけている。

   オリックスレンタカーは期間限定で「日産GT-R」と「ポルシェ ケイマン」を貸し出している。「GT-R」は反響が大きく、レンタル期間を延長した。「業界最安値」をうたうレンタカー「DIREX」では利用者がうなぎ登りで、多い月は前月の2倍になる。「ポルシェ」のオープンカーやアメ車の人気が高い。

40~50歳代のスポーツカー世代が多く占める

レンタカーでは珍しい「ハマー H2」のカスタム車両、「DIREX」東京店
レンタカーでは珍しい「ハマー H2」のカスタム車両、「DIREX」東京店

   オリックスレンタカーの場合、2009年9月4日から「GT-R」のレンタルを開始したところ反響が大きく、期限を当初の11月4日から2010年1月12日までに延長した。「ポルシェ ケイマン」は09年11月30日までとなっている。 

   利用料金は9時から19時までの10時間で、いずれも3万5000円(キャンペーン価格、免責補償制度加入料2100円を含む)だ。

「GTRは10月22日に期間の延長を発表したばかりで、予約の余裕がありますが、ポルシェは空いているのが数日となっています」

と、オリックスレンタカーの広報担当者はいっている。

   レンタカーの利用客は、「足代わりになれば車種は何でもいい」という人が多い。しかし、GT-Rやポルシェの場合、40~50歳代のスポーツカー世代が多く、車に乗ること自体を目的にしている。一般車で人気の高いコンパクトカーは12時間5250円だ。その5―6倍にもなるが、車が好きな人は「3万5000円でも安い」と言って借りるそうだ。

   2008年11月にオープンした「DIREX」(東京、沖縄)は、「業界で最安値」をうたい、利用者がうなぎ登りだ。前月の2倍という月もある。人気の理由について、東京本社の担当者は、

「不景気で車を所有する人が減っていて、これから買おうという人も少なくなってきています。また、普段は大衆車に乗っていて、休日にリフレッシュしたいというお客さまにも利用していただいています」

と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中