新潟県、北陸新幹線の工事負担金を拒否

印刷

   北陸新幹線長野-金沢間の建設をめぐり、新潟県は2009年11月17日、工事負担金の一部にあたる約13億円の支払い拒否と、建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構(横浜市)と支払いルールについて定めた協定を破棄すると同機構に伝えた。泉田裕彦知事は、以前から負担金の増額について「国側の説明が不十分」と批判しており、今回の支払い拒否についても、同日夕方、報道陣に対して「信頼関係を維持することが難しい」などと述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中