2019年 2月 22日 (金)

恋愛ゲーム「ラブプラス」で離婚騒ぎ 「妻よりもキャラに出迎えてほしい」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   恋愛シュミレーションゲーム「ラブプラス」が原因で「離婚騒ぎになった」という記事が「はてな匿名ダイアリー 」に掲載され、ネットで話題になっている。夜遅く帰宅したときに妻と口喧嘩になり「お前よりゲームキャラに出迎えて欲しかった」と言ってしまい、離婚届を突き付けられてしまった、ということなのだが、このゲームどこがそれほどすごいのか。

   「ラブプラス」は携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」用に 2009年9月に発売され、2ヵ月間で恋愛ゲームとしては異例の15万本を売る大人気。これまでの恋愛ゲームは、好みのキャラクターに好かれるように行動し、キャラから告白される「攻略」が目的だった。「ラブプラス」は、告白後に交際が楽しめ、キャラと同じ時間を過ごす感覚が持てる。髪型や服装を始め、自分好みのキャラに染め上げることができる。

汚物を見るような何もかもを諦めた目

   問題の記事は「はてな匿名ダイアリー 」に09年11月29日に掲載された。書いたのはSEをしている29歳の男性。妻が離婚届と書置きを残して実家に帰ってしまったのだという。原因は、毎晩帰りが遅い夫に妻がキレて喧嘩になり、夫が「ラブプラス」のキャラを例に出し

「お前なんかより寧々さんに優しく出迎えて欲しかったな」

と言い放ってしまったこと。

「嫁のほうはなんかもう、汚物を見るような目、というか、何もかもをあきらめた目、というか、『こいつもうだめだ』って目をしていた」

ということになってしまった。

   夫は妻の実家に行き、土下座をして帰ってきてもらった。妻からは、

「ちょっとさすがに今回みたいなのは・・・ないと思う」

と言われたそうだ。

   この記事を読んだ人達からは、離婚騒動をゲームのせいにするのはおかしい、夫婦の問題をゲームのせいにするな、といった批判が出た。それに対し、夫は「ゲームは今回の騒動に直接関係はなく、間違いだった」と謝罪した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中