鳩山首相、沖縄知事と普天間めぐり会談

印刷

   鳩山由紀夫首相は2009年11月30日、首相官邸で沖縄県の仲井真弘多知事と会談し、沖縄県の米軍普天間基地の移設問題について意見交換した。首相と同知事の会談は27日に続くもの。仲井真知事は「普天間基地については『県外へ』という県民の意見が非常に高まっている」と述べ、同基地の危険性を一刻も早く取り除くことを要望した。鳩山首相は仲井真知事に理解を示しつつ、日米の作業グループの結論を踏まえて判断する意向を伝えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中