2018年 7月 21日 (土)

2009年今年の漢字は「新」

印刷

   漢字能力検定協会は、世相を表す2009年「今年の漢字」には「新」が選ばれたと、12月11日に発表した。京都の清水寺では同日、森清範貫主が和紙に書き上げる毎年恒例のパフォーマンスもあった。

   「新」が選ばれた背景には、政界では政権交代や行政刷新が取り沙汰されたこと、スポーツ界ではイチロー選手の9年連続200本安打や、ジャマイカのウサイン・ボルト選手が陸上の世界選手権では100mを9秒58という驚異的な世界記録が出たこと、そして新型インフルエンザが話題だったことがあるようだ。

   ほか、ベストテンの中には、「政」「改」「変」「民」「鳩」「代」「交」など政治を連想させる文字が多かった。なお、「今年の漢字」は16万1365の応募があり、全国公募により決定した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中