2018年 7月 19日 (木)

香川の「正月にうどん」 全国的ブーム目指す

印刷

   香川県の「さぬきうどん振興協議会」が提唱している「年明けうどん」が、2010年の正月から全国で展開されそうだ。全国チェーンのコンビニ、讃岐うどんチェーンも参入、「正月うどん」が新しい日本の食習慣となるかどうか、正念場を迎えている。

   うどんはもともと、「太くて長いことから、古来より長寿を祈る縁起物として食べられてきました」(さぬきうどん振興協議会HP)という。正月うどんは、元旦から1月15日までに食べ、その年の幸せを願うというもの。

さぬきうどん振興協議会「今年は凄い効果出る」

「はなまる」も「年明けうどん」を販売する
「はなまる」も「年明けうどん」を販売する

   協議会は香川県内の製めん業者などがメンバーとなり2008年7月に設立。以来、「年明けうどん」を広めるPRをしている。協議会によれば、2009年12月7日現在までに、商標登録されている「年明けうどん」の使用申請が、全国の製めん業者や流通業者から150件以上寄せられた。香川県内だけみても、「年明けうどん」を提供する店舗は1年目の09年正月が52店舗だったのに対し、2年目はその倍以上の129店舗が予定している。

   讃岐うどんの製造・販売会社「めりけんや」代表で、協議会の事務局長を務める諏訪輝生さんは、

「前回もテレビなどに出て『年明けうどん』をPRしていましたが、本格的に動いたのが08年の秋からだったので準備不足でした。今年はもっとしっかりやろうといっています」

と話す。09年正月は名前を広めることはできたものの、「効果としてはイマイチ」。しかし、今回は前回と違い全国製麺協同組合連合会(全麺連)も賛同、全国的な動きになってきた。秋田県の稲庭など、香川県外のうどん業者も参加する。お歳暮カタログの「年明けうどんセット」も好調に売れている。

「うどん屋さんにとってはチャンスですから、気が付いたらみな手を挙げて参加しているようです。新しい食習慣を作ろうとしているという点で、恵方巻とも似ていますね。今年は凄い効果が出ると思いますよ」

セブンイレブンも全国販売開始

   全国チェーンのコンビニも、「年明けうどん」を販売する。サークルKサンクスは、レンジで温めるだけで食べられるカップ入りの「年明けうどん」の予約を受け付けている。340円で赤い梅干しとにんじん入り。セブンイレブンでも、現在予約受付中で、カップ入りタイプのほか、えび天が付いてくるセットなどを用意した。セブン&アイ・ホールディングスによると、08年に一部地域でテスト販売したところ好調だったので、今回全国販売に踏み切った。

   また、全国で讃岐うどんチェーンを展開している「はなまる」も2010年1月1日から特別メニュー「年明けうどん」を投入する。「年明けうどん」のPR自体は09年正月もしたが、特別メニューの投入は今回が初めて。縁起のいい有頭エビの天ぷらが2本入って、504円(中サイズ)となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中