2021年 3月 3日 (水)

「宮内庁長官は憲法を理解していない」 小沢氏、「特例会見」問題で反論

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「政治利用」批判にも、憲法を根拠に反論

   「1か月ルール」に反して特例が認められた点についても、

「宮内庁の役人が作ったからといって、金科玉条で絶対だなんて、そんな馬鹿な話があるか。天皇陛下ご自身に聞いてみたら、『手違いで遅れたかもしれないけれども会いましょう』と必ずそうおっしゃると思うよ」

と述べ、今回の特例措置は間違っていないという見解を示した。

   続いて、読売新聞の記者が「政治利用という批判があるが…」とたずねると、

「君も、憲法をもう一度、読み直しなさい」

と再び憲法を持ち出して反論した。

「みんな何をするにしたって、天皇陛下の国事行為は内閣の助言と承認で行うと、憲法にちゃんと書いてあるでしょうが。それを政治利用だといったら、なんにも天皇陛下はできない。内閣に助言も承認も求めないで、天皇陛下が個人で勝手にやるの? そうじゃないでしょ?」

   そう強弁したが、記者もなんとか食い下がる。今回の特例措置を、小沢幹事長が平野博文官房長官に要請したと報道されている点について「事実なのか」と質問すると、

「私が、習近平副主席を天皇陛下とお会いさせるべきだとか、させるべきでないということを言ったような事実はありません」

ときっぱり否定した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中