2021年 4月 17日 (土)

「アバクロ」銀座激戦区にオープン 「取材お断り」戦略の損得勘定

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   米カジュアル衣料ブランド「アバクロンビー&フィッチ」がアジア1号店を東京・銀座にオープンした。近くに「H&M」「ユニクロ」「ZARA」が店を構えるファスト・ファッション激戦区で、「アバクロ」がしかけた戦略とは。

   日本ではこれまでも一部のセレクトショップやネット通販で購入でき、30、40歳代を中心に「アバクロ」の愛称で親しまれている。アイドルグループ「SMAP」の木村拓哉さんや歌手の浜崎あゆみさんなど芸能人のファンもいることで有名だ。その「アバクロ」がアジア初の店舗を東京・銀座にオープンするとあって注目度が高く、2009年12月15日の初日は開店前からお客が長い列をつくった。

イケメンの「ストアモデル」13人が店の前に集まる

   銀座店は全11フロアの大型店舗で、吹き抜けのある高級感のあるつくりだ。メンズとレディースを展開し、カジュアル衣料のほかにドレッシーなラインもそろう。「カジュアル&ラグジュアリー」をテーマとしていて、価格はTシャツが5000円台、デニムが2万円台、パーカーが1万円台から、ジャケットが3~4万円台とほかのカジュアル衣料よりも高めだ。

   一方、「アバクロ」がオープンしたのは、安いカジュアル衣料が集まるファスト・ファッション激戦区で、ここ数年出店ラッシュが続いている。08年秋に1号店を出店したスウェーデン発のカジュアル衣料「H&M」や、09年10月に従来の1.5倍に増床した「ユニクロ」、スペイン発の「ZARA」が出店している。

   どんな手で来るかと業界関係者の注目が集まるなか、「アバクロ」はオープン前の12月10日に一風変わったパフォーマンスを行った。イケメンの「ストアモデル」13人が店の前に集まるというもので、モデルの男性はシャツの前ボタンを全開し、鍛えあげられた体を披露した。しかし、それ以外ではオープン前と当日に「取材を一切受け付けない」という徹底したメディア戦略をとった。

   ファッション流通ビジネスに詳しい、ディマンド・ワークス社(東京都港区)代表の齊藤孝浩さんは、

「マスメディアをまったく利用しないシークレット戦略で期待を煽るということが考えられますが、そもそも大手SPA(製造小売業)では広告宣伝に対しての考え方が大きく2つに分かれています。H&Mやギャップ、ユニクロのように広告宣伝に積極的なところと、アバクロやZARA、米リミテッド・ブランズのように積極的ではないところがあります」

という。

   広告宣伝しない理由はいくつかある。まずはメディアを通さず客と直接コミュニケーションをとりたいというもの。取材を受けても編集されて一部分だけを使われるため、ブランドがお客に伝えたいイメージと異なる場合があり、アバクロはオープン後も取材を受けていないそうだ。もう1つは、広告宣伝にお金をかけるよりも好立地に出店したいという経済的な理由だ。立地はSPAでもっとも重要な要素だと考えられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中