スパコン開発が復活 10年度予算227億円を計上

印刷

   政府は、次世代スーパーコンピューター開発を認め、2010年度予算で227億円を計上することを2009年12月16日に決めた。事業仕分けで開発を凍結すると判定されたが、科学者などの強い反発を受け「復活」を認めた。ただし、文部科学省の概算要求よりも41億円の減額になった。大串博志財務政務官は記者会見で「特例的な結果だ」と説明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中