鉄道の運休や遅れ 自殺原因が2万件

印刷

   国土交通省が2009年12月21日に開いた首都圏鉄道輸送障害対策会議で、輸送障害の発生状況を報告した。それによると、2008年の首都圏における鉄道の運休や遅れは、4万600件あった。そのうち半数の2万1100件は自殺によるものだった。前の年に比べて2900件の増加だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中