裏金接待疑惑の福岡県副知事が辞任

印刷

   福岡県町村会の幹部らが架空請求で現金を搾取して裏金作りをしていたとされる問題で、同会幹部から裏金で接待を受けたとされる同県の中島孝之副知事(67)が2009年12月21日、辞職願を提出し、受理された。理由は「一身上の都合」とされているという。中島氏は99年7月に副知事に就任し、現在3期目。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中