2019年 7月 23日 (火)

石井慧「負けたら自殺」 ビッグマウスは健在

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   柔道金メダリストから格闘技へ転向した石井慧選手(23)が、大晦日にヘビー級のデビュー戦を迎えることになった。この1年、表舞台に出なかったが、いよいよ練習の成果が試される。「負けたら自殺」と相変わらずのビッグマウスだが、そんなにすぐに通用するのか。

「もう吉田選手のパンチは丸見えです!」
「ビビっちゃって、試合をしたくなくなるんじゃないか」

   週刊誌やスポーツ紙のインタビューで、石井節が次々に炸裂した。

「今やマッチョマンじゃないですか」

プレイボーイでも石井特集
プレイボーイでも石井特集

   大晦日の2009年12月31日にさいたまスーパーアリーナで対戦するのは、同じ五輪柔道金メダリストの吉田秀彦選手(40)。総合格闘技では、すでに7年間も活躍しているベテランだ。が、怖い物知らずの石井慧選手にとっては、勝利より視聴率の方が気になるのだろうか。TBS系の番組「Dynamite!!」での試合中継について、24日の記者会見では、視聴率でNHKの紅白歌合戦を超えたいとまで言い放った。

   石井選手は、08年11月3日に総合格闘技への転向を宣言。同年の大晦日にデビューとの情報も流れたが、その後は、表舞台に出なかった。09年3月から、ブラジルやアメリカに遠征し、現地の道場でスパーリングなどの練習を積んできた。ブラジルでは、米UFCの世界ライトヘビー級王者のリョート・マチダ選手に入門したという。

   週刊プレイボーイによるインタビューでは、その肉体改造ぶりに「今やマッチョマンじゃないですか」との指摘が出ていた。

   もっとも、石井選手には格闘技初体験とあって、苦労もあったようだ。インタビューでは、「最初は目の前にパンチが飛んできたら目を瞑ってしまった」と告白している。

   とはいえ、次第にパンチが見えてきたと自信を示した。そして、「負けたら自殺します」とまで覚悟をみせたのだ。日刊スポーツのインタビューでも、「負けたら終わりですわ、自分の人生」と背水の陣でデビュー戦に臨むとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中