11月の外食売上高5.8%減 過去最大の下落

印刷

   日本フードサービス協会は11月の外食市場動向調査の結果を2009年12月25日に発表した。それによると、外食売上高は前年同月比5.8%減。過去最大の下落幅という。客数は前年同月比0.2%減でほぼ例年並みだったが、客単価は同5.5%減だった。客単価が減少したのは、経済のデフレ局面が波及したことで、「全メニュー均一料金」や「低額料金食べ放題」といった低価格販売路線が強化されたためと同協会は分析している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中