2019年 4月 25日 (木)

ツイッターの「つぶやき」監視 夫の浮気突き止める

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「夫の浮気相手をTwitter(ツイッター)で発見した」と題するブログがネットで話題になっている。妻はツイッターに書き込む文章から、夫の浮気を突き止め、一日中監視を続けた。その結果、夫が相手に「自分は独身だ」と言い寄ったことや、クリスマスに夫がプレゼントしたことなどが分かったという。

   問題のブログは2010年1月3日に「はてな匿名ダイアリー」に書かれた。ブログを書いた妻は、夫が複数の女性と浮気しているのではないか、という疑いを持ち、夫の浮気相手の「ツイッター」を発見した。以前に、夫からその女性の名前を聞いたことがあり、本名で「ツイッター」に登録していたからだという。

「Twitter愛用のみなさん、気をつけてください」

   妻は自分の職場でも、こまめに浮気相手の「ツイッター」をチェック。そこでわかったのは、夫が浮気相手に「自分は独身だ」と言い寄っているらしいこと。浮気相手にクリスマスプレゼントを贈ったのは「サンタさんが来た!」という文章でわかったという。そして、浮気相手の「つぶやき」が途切れた時間帯と、夫から「飲みに行くから遅くなる」「まだ仕事中」というメールがきたときが重なった場合が極めてあやしく、「二人はセックスしている可能性が高い」などと分析している。

   また、浮気相手が切ない恋心をつぶやいていると、なんとも複雑な気分になり、「一度彼女と会って話をしてみたいし、メールをしようかどうか迷っている」と明かしている。そして最後に

「というわけでTwitter愛用のみなさん、気をつけてください」

と結んでいる。

   このブログには220以上ものブックマークが付いていて

「あんまり頻繁につぶやくもんじゃないな」
「すごいなこれ。探偵さんもそのうちTwitterとかSMBとか追いかけるんだろうか」
「実は、浮気相手に読まれることを計算して書いているんじゃないか」

といった感想が書かれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中