グーグル、中国からの事業撤退を検討

印刷

   米グーグル社は2010年1月13日(日本時間)、中国での事業からの撤退を検討していることを公式ブログで発表した。ブログでは、この背景として09年12月に組織的なサイバー攻撃を受けたことなどを挙げている。さらに同社は、中国向けに展開している検索サイトでの検閲を中止する意向を明らかにしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中