2020年 7月 14日 (火)

モノ言えば唇寒し?民主党 その中で横粂議員「勇気ある発言」

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   民主党の小沢一郎幹事長の政治資金問題をめぐり、党内の新人議員が「ダンマリ」を決め込む中、メディアでわずかながら小沢氏に「モノ申す」議員も現れつつある。「テレビ出演した議員が国対幹部に叱責された」という報道もあるが、それでも、党内の「小沢幹事長は事情聴取に応じるべきだ」との声は抑えきれない様子だ。

   小沢幹事長が検察との対決姿勢を鮮明にした2010年1月16日の党大会後、報道陣は議員に対してコメントを求めたが、ほとんどの議員が「ほぼ無言」。当日のニュース番組では、福田衣里子衆院議員や田中美絵子衆院議員といった「1年生議員」が足早に会場を後にする様子が繰り返し紹介された。

「こういうときに出なければ政治家ではない」

   ところが1年生議員の中にも、この問題に関して口を開いた議員がいる。09年夏の衆院総選挙の神奈川11区で小泉進次郎衆院議員と戦い、比例区で復活当選を果たした横粂勝仁衆院議員だ。横粂議員は10年1月18日朝、TBSの情報番組「朝ズバッ!」に約20分にわたって出演。献金問題に関する自らの見解を述べた。

   冒頭、司会のみのもんたさんが、岸井成格・毎日新聞特別編集委員氏に対して

「この時期、民主党の若手の横粂さんが(出演)OKっていうのはどうですか?」

と話をふると、岸井氏は

「いいんじゃないですか?若くて。怖いもの知らずかも知れない」。

   このやり取りに対して、横粂議員は

「こういうときに出なければ政治家ではないと思っており、やはり批判を受けるのが政治家。それに対してしっかり説明をするのも政治家だと思っている」

と言い切った。小沢幹事長が、検察の事情聴取に応じていないことについては

「捜査段階だという限界はあるのだと思うが、これから順次捜査が進むにつれて、しっかりと応じていただきたいと思っている」
「党大会で、(小沢幹事長が)輿石東・職務代行に『これから(自らの仕事を)委任することも増えてくる』とおっしゃっていたので、その分時間が空くと思う。その時間を利用して聴取に応じていただきたいと思う」

と、聴取に応じるように求めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中