「平日にデートできる財務省目指す」 菅財務相が改革構想

印刷

   財務省の残業を減らし、平日にデートができるようにすると、菅直人財務相が2010年1月19日、改革案の見通しを明らかにした。

   官僚主導から政治主導にするためといい、中堅や若手の官僚を募って案の作成チームを作るとしている。具体的には、国会のための待機による残業を減らし、業務の効率化を目指すという。また、空きポストへの公募制度、双方向の人事評価なども検討する。3月に中間報告をまとめ、4月末までに改革案を作る考えだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中