2019年 12月 15日 (日)

「通り魔事件発生。犯人逃亡中」 ツイッターでデマが広がる

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「ツイッターも『疑ってかかる心』が大事」

   ツイッターでは、自分が登録している人の最新の呟きが、自分のページ「タイムライン」上に表示されるため、情報の伝播速度が極めて速い。そのため、しばしば真偽不明の情報が一気に広がることがあり、09年12月にも、「RHマイナスの血液が足りません。ご協力お願いします」というデマで騒ぎになったばかりだ。

   ITジャーナリストの井上トシユキさんは、

「こうしたことは2ちゃんねるの時代からもありました」

と指摘する。ただ、ツイッターではリアルタイム性が高まり、より早いスピードで伝播するようになった。

「リトゥイートで簡単に呟きを広めるシステムもありますし、止めようがありません。悪意はないにしても、早い段階でおかしいと思う人が、もっといてもいいと思います。今後はツイッターでもウラやソースを気にするようになるのではないでしょうか。やはり大事なのは『疑ってかかる心』ですね」

と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中