チリ大地震 日本にも津波

印刷

   南米チリで2010年2月27日午前3時半(日本時間午後3時半)すぎ、同国中部沿岸を震源地とするマグニチュード8.8の大地震が起きた。震源近くの都市コンセプシオンでは建物が倒壊し、多数の死者が出ている。

   地震の影響で、日本では28日午後、太平洋沿岸部で津波が観測された。まず午後1時頃に東京都南鳥島で高さ10センチが観測された後、岩手県久慈港では最大1メートル20センチの津波がきたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中