2019年 10月 20日 (日)

津波警報が真ん中に テレビ画面表示に不満続出

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本地図で表示される津波警報のためにテレビが見づらい、とネット上で苦情が相次いでいる。特に、表示が画面の真ん中に寄っていることに不満が強いようだ。

   主人公の顔に、「大津波警報」「津波警報」「津波注意報」の字と、その地域を知らせる日本地図が完全にダブっている。TBS系で2010年2月28日午後5時から放送されたアニメ番組「鋼の錬金術師」の1シーンだ。

アナログで右隅に表示すると、デジタルで真ん中寄りに

駒配置に表示が…
駒配置に表示が…

   アニメばかりでなく、野球のベーススライディングシーンや詰め将棋の駒配置画面、そして、五輪フィギュアのエキシビション演技にも警報表示がかぶっていた。

   テレビが見づらかったことに、ネット上では、不満が相次いでいる。2ちゃんねるでは、「真ん中すぎる…」「全然あたまに入らない」「字幕にして観てたからカオスだった」といった書き込みがあった。

   もちろん、人の生死に関わる情報だけに、理解を示す声も多い。「災害情報のほうが重要だろ」「そんなに好きならDVDかブルーレイで買えw」「TVとかラジオって言うのはこう言う時の為にあるって言っても過言じゃない」といったものだ。

   とはいえ、テレビで見ると、警報表示の右隅などがまだ空いている。なぜ表示が真ん中寄りになっているのか。

   これについて、民放連の関係者は、アナログ放送に配慮したためと解説する。

「デジタル放送の画面で、右隅に表示したとします。すると、画面の横と縦の割合が16対9なのに対し、アナログでは、割合が4対3なので表示が切れてしまうんですね。アナログで右隅に表示しようとすると、デジタルでは横長なので真ん中寄りに表示されてしまうわけです」

   こうした画面表示について、警報などを流す気象庁では、「テレビ局が独自に地図などを作っており、こちらから指示していることはないです。表示まで関知していませんので、特段何か意見を申し上げることではありません」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中