衆院選直後の機密費2億5000万円 使途確認できず

印刷

   鳩山内閣は2010年3月2日の閣議で、09年衆院選直後の9月1日に麻生前内閣が官房機密費(内閣官房報償費)として引き出した2億5000万円に関し「当時の関係職員から話を聞いたが、使途等を確認できなかった」とする答弁書を決定した。新党大地の鈴木宗男衆院議員の質問主意書に答えた形で、「現内閣としてこれ以上事実関係が明らかになることを期待することは困難だ」とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中