市の数が町を逆転 「平成の大合併」で

印刷

   2010年3月8日、全国の市の数(784)が初めて町の数(783)を上回った。山梨県増穂町と鰍沢町が同日に合併し、町の数が減ったため。国が市町村合併を推進する「平成の大合併」は1999年4月に始まり、2010年3月末で一区切りを迎える。当初3232あった市町村は1728になる見通しだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中