ちばてつやさんら反対訴え 都の児童性描写規制問題で

印刷

   東京都が漫画やアニメの児童性行為描写を規制しようと都議会に青少年健全育成条例の改正案を提出したことに対し、漫画家のちばてつやさんらが2010年3月15日、都庁を訪れて改正案への反対を訴えた。

   訪れたのは、漫画家ではほかに、里中満智子さん、永井豪さん。ちばさんらは会見などで、「規制することで文化の元気がなくなる」などと主張した。なお、改正案は19日の都議会総務委員会で採決される運びになっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中