2019年 3月 20日 (水)

グーグルが六本木ヒルズに移転 勝ち組企業「ヒルズ族」が復権?

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   インターネット検索大手のグーグルが「六本木ヒルズ族」に仲間入りする。東京・渋谷のセルリアンタワーにある東京オフィスを引き払い、2010年夏にも六本木ヒルズ森タワーに移転する予定だ。

   六本木ヒルズといえば、かつて入居者は「勝ち組企業」の象徴だった。それがライブドア事件などのイメージダウンや、リーマン・ショック後の世界的な景気悪化の影響で人気に陰りが見えていた。08年3月期の入居率は85%にとどまっていたが、09年後半から外資系企業を中心に入居が相次ぎ、急速に巻き返している。

ライブドア事件、リーマン・ショックでイメージダウン

グーグルも「六本木ヒルズ族」の仲間入り
グーグルも「六本木ヒルズ族」の仲間入り

   2003年4月にオープンした六本木ヒルズ。当初はヤフーやライブドア、楽天などの錚々たるIT企業やベンチャー企業、投資ファンドが入居。ヒルズの住居棟には、ライブドアの堀江貴文社長(当時)や楽天の三木谷浩史社長、サイバーエージェントの藤田晋社長といった成功した起業家が住み、「ヒルズ族」と呼ばれて話題をさらった。

   しかし、その後のライブドア事件やグッドウィルグループの介護報酬の不正請求事件、08年9月のリーマン・ブラザーズ証券の経営破たんなどの影響でイメージダウン。さらには世界同時不況と、丸の内や品川、汐留などの大規模開発によるオフィスタワーとの競争激化によって、苦戦を強いられた。

   「いつかはヒルズ族」というIT企業は少なくなかったが、一方でヤフーはミッドタウンタワー(赤坂)に、楽天も品川シーサイド楽天タワー、ライブドアも西新宿に移転。また、「特打シリーズ」や「驚速シリーズ」などのパソコン・カスタマイズソフトのソースネクストは09年11月、虎ノ門森ビルに移った。オフィス賃料を10年3月期に約1億円、来期以降に年間2億円削減できるというのが理由だったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中