辺野古案の裏には「ジャリ屋」 亀井大臣が批判

印刷
亀井静香郵政・金融担当相
亀井静香郵政・金融担当相

   国民新党の代表を務める亀井静香郵政・金融担当相は2010年3月30日の閣議後会見で、米軍普天間移設基地の移設問題をめぐり、

   「辺野古の沖合移転は、ジャリ屋を儲けさせようというね、そんな裏の事情がある訳ですよ。みんな書かないだけ。それだけの話なんだよ」

   と述べ、現行移設計画は公共事業誘導の側面が強いことを指摘した。

   その上で亀井大臣は、

   「米国は(土木)利権に関係ないからな。だから(米国は)辺野古沖に、それほどこだわらないと思うんですよ。国民新党が言うキャンプの中(の移転)は、『ベスト』ではないが『ベター』。それを米国が嫌だというはずがない」

   と述べ、国民新党が主張するキャンプ・シュワブ内の陸上移設案に理解を求めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中