2019年 7月 17日 (水)

フリー演技中リンクに謎の物体 真央見舞われたアクシデントの真相

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   トリノで行われたフィギュアスケート世界選手権でみごと金メダルに輝いた浅田真央選手(19)だが、フリー演技中に演技を妨害しようと「歯ブラシ」のようなものがリンクに投げ込まれたのではないか、という「疑惑」が浮上し、ネットが騒然となっている。検証動画も「ユーチューブ」や「ニコニコ動画」に登場している。

   2010年3月27日に行われた浅田選手の世界選手権フリーの演技を検証してみると、最初は何の問題もなかったのに、終盤赤いビニール袋のようなものがリンクの中央に現れる。この上を誤って滑ってしまったとしたら、相当危険だ。

まるで「歯ブラシ」のように見える

   浅田選手は演技終了後、このビニール袋のようなものに目をやって、拾い挙げ、大歓声の観客に大きく手を振る。そしてリンクの外に出ると同時に、この物体を捨てる。始めはビニール袋かリボンのように見えたが、捨てる直前の映像では、何か棒のような硬そうな物体が写っている。

   「ユーチューブ」に投稿された検証動画は「浅田真央選手は何を拾って捨てたのでしょう?」というタイトルで、「どうも演技中に投げ込まれたらしい」と説明している。それは歯ブラシのように見え、浅田選手は何事もなかったように捨てた、としている。何だったのかはわからないが、あってはならないことで、誰の仕業なのか追及すべきだと動画説明は結んでいる。

   動画を観た人達は、

「こ、これはひどい・・・。どこまで真央をいじめたら気が済むんだ!?」
「ステップの最中にこれが見えて、踏むんじゃないかと冷や冷やしました。歯ブラシだったんだ。誰が投げ込んだの!?本当にひどい!!」
「常識としてありえない。何考えているんだ入れたやつ」

   といったコメントを書きこんでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中