秋葉原ソフト店から個人情報流出 アダルトゲームの購入歴も?

印刷

   秋葉原の有名ソフト販売店から、通販利用客の個人情報がネット上に大量に流出していたことが分かった。グーグル検索でも1000人以上が分かる状態になり、同店で原因などを調べている。アダルトゲームも販売していることから、ネット上は騒然となっている。

「同じマンションの奴がいたwww」「小学校の友達の名前が」

   情報流出は2010年4月1日には発覚し、2ちゃんねるでも、こんな書き込みが相次いでいる。

メッセサンオーは原因調査中として謝罪

サイト上でお詫びを掲載
サイト上でお詫びを掲載

   このソフト販売店は、秋葉原の複数店舗でゲームソフトや同人誌などを扱っている「メッセサンオー」。ネット上では、通販利用客の名前、メールアドレス、性別、住所、年齢、携帯電話、一般加入電話、注文商品の一部がグーグル検索で見られるようになっている。流出した情報は、1400人分ともされ、注文は2000件以上あるとの指摘もある。

   ネット上の情報によると、同店のミスなどで販売管理者用ページのパスワードが漏れてしまい、外部から顧客名簿にアクセスできる状態になっていたらしい。このため、グーグルの検索エンジンで情報を拾えるようになっていたとの見方が出ている。

   メッセサンオーでは、流出の事実を認め、ホームページ上でお詫びを出した。

   それによると、流出したのはPCゲーム通販部の注文商品の一部情報。ただ、クレジットカード番号、銀行口座などの信用情報は含まれてないという。「現在、サーバを休止し、流出経路、原因を調査中です」としたうえで、顧客に迷惑をかけたと謝罪している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中