企業のCP発行環境「改善」 日銀が初公表

印刷

   日本銀行が2010年4月5日に発表した企業のCP(コマーシャルペーパー)の発行環境判断指数(DI、発行企業ベース)によると、3月の大企業全産業のDIはプラス32で、09年12月に比べると、8ポイント改善した。

   業種別では大企業製造業が同11ポイント改善してプラス36、非製造業が6ポイント改善してプラス27だった。日銀は09年12月にCPの買い取り措置を終えたが、その後も発行動向は良好といえる。

   CP発行環境DIは、CPの発行が「楽である」と答えた企業の割合から「厳しい」と答えた企業の割合を差しい引いた値。日銀はこれまで企業短期経済観測調査(短観)で発行実績のない企業も含めたDIを公表していたが、今回から発行実績のある企業だけを対象にしたDIを公表した。対象企業は200社。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中