2019年 4月 24日 (水)

眞鍋かをり月給420万円?  和田アキ子もびっくり

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   タレント眞鍋かをりさん(28)の年収が5000万円もあると、元所属事務所が明かした。事務所移動騒動の最中にある眞鍋さんは「働いても働いても月給30万円」などと報じられ、安月給に同情の声も出ていたが、今度は一転バッシングに発展している。

   タレントがどれくらい給料を貰っているかは謎だ。テレビに頻繁に登場する売れっ子になっても、固定給契約の事務所に所属するタレントは低かったり、個人事務所などは収入の多くが自分の懐に入るため、さほど売れていなくても高給となる場合があったりするからだ。

「うちら芸能人としてはフェーッ!!」

   眞鍋かをりさんの2009年の月給が420万円ではないかという見方が出たのは、元所属事務所アヴィラの発表からだ。アヴィラ社長の法人税法違反事件により家宅捜索を受け、屈辱的な思いをしたとして眞鍋さんがアヴィラとの契約解除を求めた。これに関連して、2010年3月29日、元所属事務所はマスコミ各社にファックスで、眞鍋さんの家宅捜索は「眞鍋本人への脱税容疑だった」と伝えた。そして、眞鍋さんの09年の月給は420万円で、420万円のうち180万円を母親が経営する会社に振り込んでいたと説明し、これが「脱税」になるとした。

   2010年4月4日放送のTBS系「アッコにおまかせ!」でもこの給与が話題になり、司会の和田アキ子さんは、

「420万円は凄いですよ。うちら芸能人としてはフェーッ!! みたいな」

と驚いた。同番組に出演したマリエさんもこういった。

「芸能人って、そんなに儲かるの?」

   出川哲朗さんは、

「これだけ稼ぐというのは、相当(ランクが)上の人だよね」

と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中