JR東日本 営業収入過去最大の落ち込み

印刷

   JR東日本は2010年4月6日、09年度の鉄道営業収入は前年度比4.9%減だったと発表した。1987年4月の民営化以来、最大の下落幅となった。景気低迷でビジネス客が減少したほか、いわゆる「1000円高速」で乗客をマイカーに奪われたことなどが響いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中