2021年 6月 22日 (火)

「1Q84」続編フィーバー 異例の午前0時書店販売

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   村上春樹さんのベストセラー小説「1Q84」の続編「BOOK3」が発売前から人気となり、発行元の新潮社は初版を2回にわたって増刷した。ベストセラーの乏しい昨今、書店はここぞとばかりに張り切り、0時から販売したり、営業時間を繰り上げたりする。

   「1Q84」は「BOOK1」と「BOOK2」が2009年5月に発売され、10年4月までに計244万部を発行した。出版取次のトーハンが発表した「2009年 年間ベストセラー」では1位を記録。それだけに2010年4月16日に発売される続編「BOOK3」への注目は高い。

発売前に2回にわたって増刷

   初版は50万部だったが、発行元の新潮社は4月7日に10万部、13日にさらに10万部と2回にわたって増刷し、70万部を用意した。

   深夜営業の書店では16日午前0時から売り始める。

   「あおい書店渋谷南口店」の店員は、

「24時間営業でも発売日の午前0時に店頭に並べることはめったにありません。100冊用意しました。新刊ではめちゃくちゃ多いです」

と明かす。

   24時間営業の青山ブックセンター六本木店は入り口に特設コーナーを設けて販売する。文芸担当者は、

「入荷数は秘密ですが、純文学では珍しいくらいの冊数です。マスコミの方の問い合わせはすごく来ていますので、当日、どのくらいのお客様が来店するか、楽しみです」

といっている。

   「あおい書店六本木店」と「ツタヤ渋谷店(SHIBUYA TSUTAYA)」も午前0時から売り出す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中