2018年 7月 22日 (日)

米グーグルへの「検閲」要請 国別の件数を公表

印刷

   米グーグルは2010年4月20日(米国時間)、同社の検索サービスの結果などについて、09年7月~12月の半年間に各国政府から利用者情報の提供や内容の削除を求められた件数を、同社の公式ブログで明らかにした。

   削除要請が最も多かったのはブラジルで、291件。以下、ドイツ(188件)、インド(142件)、米国(123件)と続く。日本は「10件以下」となっていた。3月に検索事業を撤退した中国は「不明」となっており、その理由を「中国政府が、検閲の要請自体を国家機密としているため、今回は公表できない」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中