2021年 2月 27日 (土)

「誓約書」サインなくても取材OK 「エリカVSマスコミ」どうなった

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   女優沢尻エリカさん(24)が取材の条件としてマスコミに突き付けた「六箇条の誓約書」。現状ではこの誓約書は「グズグズ」になり、サインしなくても取材はできるのだという。マスコミから猛反発され、トーンダウンしたのでは、という見方がもっぱらだ。もっとも、沢尻さんサイドは「サインしなければダメとは一度も言っていません」としている。

   「六箇条の誓約書」騒動以後、沢尻さんとマスコミは「冷戦状態」が続いている。2010年4月以降、沢尻さんの話題を取り上げたのはスポーツ紙のうち日刊スポーツ1紙で、それも女性ファッション誌「GLAMOROUS」にインタビューが載る、という告知記事だけだ。「GLAMOROUS」で沢尻さんは薬物疑惑や事務所解雇、誓約書問題などについて率直に語り、芸能界本格復帰の道筋をつける狙いだったが、スポーツ紙は引用すらしなかった。

「GLAMOROUS」は「サインをした事実ない」

   「六箇条の誓約書」といわれる文言には、「沢尻とその家族の私生活や、プライバシーにかかわる情報やコメントを、許可なく公開しないこと」「名誉を棄損するようなコメントはしないこと」などが盛り込まれている。これを受け入れてサインしなければ、公式ホームページすら閲覧することができない、という触れ込みだった。「一方的な宣伝媒体になれということか」といった批判が出て、マスコミの殆どがサイン拒否を表明した。

   芸能評論家の梨元勝さんは、この誓約書自体現在は「グズグズ」な状態になっている、と明かす。マスコミの反発が想像以上に大きかったため、と梨元さんは推測する。

   事実、沢尻さんは2010年3月16日に行われた芸能界復帰会見直後、サインをしていない写真週刊誌や夕刊紙と個別に取材を受けている。また、ロングインタビューを掲載した「GLAMOROUS」の最新号は「誓約書に関わるファックス等が送られてきた事実はなく、サインをした事実もない」と書き、メディアとしての中立性を保って行われたインタビューだと強調している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中