東レ エアバスに炭素繊維供給

印刷

   東レは2010年5月10日、欧州航空防衛宇宙会社(EADS)と契約を結び、EADS傘下の航空大手エアバス向けに炭素繊維素材を供給すると発表した。契約期間は2025年までで、12年に初飛行を目指す次世代中型ジェット旅客機「A350XWB」から採用される。東レは、航空機向け炭素繊維の分野では60%以上のシェアを持っており、エアバスとの連携強化で、さらにシェア拡大を目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中