サムスン 米で携帯電話のOEMシェア首位

印刷

   米調査会社のコムスコアは2010年5月6日(米国時間)、10年3月の米国内における携帯電話端末の市場動向をウェブサイトで発表した。

   今回調査対象となったのは、米国で13歳以上の携帯電話所有者。調査によると、OEM(相手先ブランドによる供給)の市場シェアは、韓国サムスン電子とモトローラが21.9%と首位タイで、韓国LGエレクトロニクスが21.8%の3位。この3社で、前回調査の09年12月からシェアを伸ばしたのはサムスン電子だけだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中