民主・三宅雪子議員 松葉杖姿で再釈明「自分で転んでいない」

印刷

   法案採決時の混乱で転倒し、けがを負った民主党の三宅雪子衆院議員は、2010年5月18日の同党代議士会に松葉杖姿で現れ、「私が自ら転倒した事実もないし、自民党の議員に言ったという事実もない」と再び釈明した。

   この問題では、自民党の馳浩衆院議員に加え、共産党の宮本岳志衆院議員も、三宅議員から「自分で転んじゃって」と聞いたとブログで主張している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中