中部国際空港の最終赤字27億円 新型インフル響く

印刷

   中部国際空港(愛知県常滑市)は2010年5月19日、10年3月期の連結決算を発表した。売上高は前期比13%減の422億円で、前期は23億円だった最終赤字は27億円にまで拡大した。新型インフルエンザの影響で、航空旅客数が前期比14%減の925万人に落ち込んだことが響いた。11年3月期の業績予想では、1億円の最終黒字を見込んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中