東国原知事が種牛49頭の助命要請 農水副大臣は認めず

印刷

   宮崎県の東国原英夫知事は2010年5月22日、口蹄疫問題で殺処分するとした種牛49頭をまだ生かしていることを明らかにした。

   また、知事は、処分を回避するよう国に要望した。これに対し、政府現地対策チーム本部長の山田正彦農水副大臣は、23日の記者会見で、「殺処分すべきではないか」と特例措置は認めない考えを示した。

   山田副大臣は、その理由について、「県が『例外を』と言うと、民間の人も特別扱いを求める」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中