2018年 7月 20日 (金)

菅次期首相週明けに組閣 「反小沢色」強まる

印刷

   週明けにも組閣が予定されている新内閣の顔ぶれが、少しずつ明らかになってきた。菅直人新首相は記者会見で「人事は白紙」と繰り返したものの、その内実は、「反小沢派」「非小沢派」で固められる可能性が高くなってきた。

   菅氏は2010年6月4日に開いた会見では、

「すべては全くの白紙。多少の時間をかけて、色々な皆さんの意見を聞いて決めたい」

とした上で、「小沢グループ」の処遇についても、

「どのグループをどうこうすることは全く考えていない」

などと「白紙」を強調していた。

財務相に野田佳彦財務副大臣?

首班指名後初めての記者会見に臨む菅直人氏
首班指名後初めての記者会見に臨む菅直人氏

   だが、人事は着々と進んでいる様子だ。菅氏は6月3日夜に仙谷由人国家戦略相・枝野幸男行政刷新相と都内のホテルで会談。菅氏が民主党の新代表に選出される前の段階で、事実上の「組閣本部」が立ち上がっていたとされる。

   6月5日時点で新聞各紙がそろって報じている顔ぶれは、官房長官に仙谷氏、菅氏の後任にあたる財務相に野田佳彦財務副大臣、というもの。党幹事長には枝野氏の起用も有力視されている。いずれのメンバーも、反小沢グループの急先鋒とされる、いわゆる「七奉行」の一角。さらに、「七奉行」の一員だとされる岡田克也外相や前原誠司国交相が留任した場合、新内閣が極めて「反小沢カラー」の強いものになるのは確実だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中