2019年 1月 23日 (水)

北川悦吏子「ツイッター」使用を自粛 「よつばと!」実写化のデマ信じた

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「Twitter(ツイッター)」を題材にしたドラマ「素直になれなくて」の原作・脚本家の北川悦吏子さんが、「ツイッター」を自粛すると2010年6月7日に宣言した。北川さんはこれまでも「ツイッター」のつぶやきで「炎上」騒ぎを起こしていたが、今回は5年前にネット上で流れたデマを信じ、人気漫画「よつばと!」が実写ドラマ化される、などと報告をしてしまったからだ。

   「よつばと!」は「月刊コミック電撃大王」で03年3月から連載されている。主人公は元気でユニークな性格の5歳の女の子「よつば」。何気ない日常で起こるハプニングを、コミカルなタッチで描いている。アニメ化や実写化について度々噂が出ていたが、作者のあずまきよひこ氏はその度にブログで否定してきた。

テレビ局担当者にも「ドラマになるよ」と

   北川さんは2010年6月7日に「ツイッター」で、「よつばと!」は凄く思い入れのある漫画であり、それがこの秋にフジテレビで実写ドラマ化される、とつぶやいた。

「あの子をリアルな人の子供か、表現することができるか。青い目で4つ結びしててほしい。でも、すごくキャストいいね。原作者はどういう思いでドラマ化に踏み切ったんだろ」

と言い、テレビ局の人に会う度に「これ、ドラマになるよ」と語っていたのだそうだ。そして、漫画の素晴らしさを実写で表現するのは難しいだろう、と心配し、

「がんばろうぜ。テレビチーム!(今、全局、全脚本家、全プロデューサーに呼びかけ!)」

とエールを送った。

   しかし、「よつばと!」の実写化を報告した直後、それは間違いではないか、というリツィートが大量に北川さんに送られる。北川さんは不安になり、

「秋からフジでやるっていうのを、ネットで見たよ。みんなも、確認してみて」

と返したのだが、実写化の情報は、5年前にネットに出たデマだったことが分かってしまう。

   5年前のデマは「よつばと!」ファンにとって有名な出来事で、実写化のお知らせと、出演者一覧が入ったポスターのようなものまで出回った。そのポスターは完成度が高く、「フジテレビで秋に放送」と書かれ、登場キャラクターを演じる、石原さとみさん、阿部寛さん、江口洋介さんが写真入りで紹介されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中