楽天の中国名「楽酷天」 ネット通販事業で使用

印刷

   楽天は2010年6月9日、中国インターネット大手の百度(バイドゥ)との合弁で、中国で立ち上げるインターネット通販サービスの名称を「楽酷天(らくてん)」にしたと、ウェブサイトで発表した。「酷」の字は、中国では英語の「クール(Cool)」、つまり「格好いい」という意味合いになる。

   「楽酷天」への出資比率は、楽天が51%、百度が49%。今年後半にサービスを開始する予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中