都城で口蹄疫3頭「陽性」 宮崎・日向・西都でも感染の疑い

印刷

   農林水産省と宮崎県は2010年6月10日、同県都城市の農家で口蹄疫の症状を示していた3頭の牛について、遺伝子検査の結果が陽性だったと発表した。同市での感染確認は初めて。県と市はこの農家が飼育する牛計208頭を殺処分し、半径10キロの移動制限区域を設定した。

   また県は同日、宮崎市、西都市、日向市の3農場で計8頭の牛・豚に口蹄疫特有の症状を確認。遺伝子検査を進めるとともに、該当する3農場の飼養牛・豚をすべて殺処分すると決めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中